低血圧の注意点やポイント

低血圧で日常生活における過ごし方

低血圧で日常生活での注意点やポイントなど解説しています。

低血圧で日常生活の注意点やポイント記事一覧

低血圧で血栓について正しく理解して予防していく

一昔前は、「低血圧は命に関わる病気ではないから、積極的に治療する必要はない」とされていました。血管の内壁を傷つけたり、臓器を傷つけたりすることで動脈硬化をもたらす高血圧症とは違い、あまり問題視されていなかったのです。でも、最近では人間の血圧の上下に関してかなり見方が変わってきており、低血圧も危険な状...

≫続きを読む

 

低血圧の塩分摂取量の基準とは

高血圧気味の人が塩分の摂取を減らすように言われることは、皆さんも耳が痛くなるほど聞いていますよね。では低血圧気味の人はどうなのでしょう?あまりたくさん塩分を摂取することは身体に良くない気もしますし、低血圧の改善のためには必要な気もします。高血圧症の治療のガイドラインによると、高血圧症の患者さんは1日...

≫続きを読む

 

低血圧の方は喫煙は避けるべきです

低血圧は、血液がいつまでも流れずに同じところに低速でとどまる可能性があります。これは、高血圧で血管が細くなり、血流の流れが滞るのとなんら変わりはありませんね。高血圧であろうと低血圧であろうと、正常の範囲を逸脱することで身体の機能低下を招く危険性が上がることには違いありません。低血圧の改善には喫煙は厳...

≫続きを読む

 

低血圧で自覚症状がなくても注意すること

低血圧の主な自覚症状はめまいや立ちくらみですが、血圧を測って上が100mmHg以下でもこれといった自覚症状がない人もいます。実は上が100mmHg以下だからと言ってすべての人が低血圧症であるとは言えません。特に生活していて問題もなく、自分で健康だと思っているのであれば特に病気ではないのです。生まれつ...

≫続きを読む

 

低血圧で倒れないための対策とは

治療が必要なほどの低血圧はもちろん問題ですが、一番問題なのは本態性低血圧などが原因で突然倒れてしまうことです。特に年齢が進んで来ると、倒れた瞬間に足などの太い骨を骨折してしまったり、頭をぶつけて出血してしまったりと大変大きな問題となります。低血圧の治療も大事ですが、倒れないための工夫、そして万が一倒...

≫続きを読む

 

低血圧の人がお風呂上りで特に気をつける点とは

低血圧の人はお風呂から上がり、その場で倒れてしまうという事故が少なくありません。これは、お湯で温められた血管が膨張し、血液の弁が開いてしまった状態で急に立ち上がったり動き出したりすることが原因です。低血圧の人がお風呂上りで特に気をつける点は、血液が一気に足のほうへ下がってしまうことを防ぐことです。急...

≫続きを読む

 

低血圧でいつも眠い人の症状と対処方法

低血圧でいつも眠いという人は、眠気の出るタイミングに注目してみて下さい。朝起きたばかりの時というのは、多かれ少なかれ誰でも眠気は感じるものです。寝起きの眠気も強いとは思いますが、それ以外にも非常に眠くなる時間があると思います。それは、食事の後です。人は食事をすると食べたものの消化や分解に非常に多くの...

≫続きを読む

 

低血圧で暑くても手足が冷える

体温は血液が作っていますので、冷え性と低血圧とは深い関係があります。例えばあなたが低血圧で、暑くても手足が冷えることに悩んでいるとすれば、食事を変えるなどして早めに対応したほうが良いでしょう。手先は仕事場でもお湯に浸けるなどして温めたり、動かしたりすることで比較的温めやすいと思います。出来れば手指だ...

≫続きを読む

 

低血圧で倦怠感が取れない

倦怠感というのは、特に病気や疲労などの原因がないのに身体が重く、だるく感じる状態を言います。気分も暗くなり、「何もしたくない」「集中出来ない」といった症状に苦しみますが、熱があったり痛みがあったりするわけではないので、はたから見ると単にやる気が無くてサボっているようにも見えてしまいます。こうした倦怠...

≫続きを読む

 

低血圧の診断基準はどうなっているのか

血圧の問題というと、だいたいほとんどが高血圧の問題になります。高血圧に関しては、日本でも治療のガイドラインが世界共通に統一されるなど細かい動きがあるのですが、低血圧に関してはあまり積極的な治療が行われているとは言い難い状況です。ただ、一般的な診断基準としては収縮期血圧、つまり一番高い血圧の数値が10...

≫続きを読む

 

女性で低血圧と診断される数値とは

女性で低血圧の人が近年増えていますが、数値には長く正確な基準がありませんでした。おおむね最高血圧が100mmHg未満の場合低血圧という診断がされていたのですが、近年WHOが世界共通の基準を設け、現在では最高血圧が100mmHg以下、最低血圧が60mmHg以下の場合低血圧として診断されています。低血圧...

≫続きを読む

 

低血圧で厚生労働省が定めている基準とは

厚生労働省が定める低血圧の基準は、最高血圧が90mmHg以下である状態です。ただ、実際には最高血圧100mmHg以下を低血圧とすべきという考え方もあり、一概には言い切れないようです日本の高血圧治療ガイドラインが作成されたのは2000年の6月。血圧分類は各国の医療機関が独自に基準を定めるなどバラバラの...

≫続きを読む

 

低血圧で寝起きの症状 【朝の目覚めが悪い】

朝の目覚めが悪いと、1日中ずっと気分が優れないものです。出来れば毎日スッキリとした気分で朝を迎えたいものですが、どうしても目が冷めにくかったり、立ちくらみやめまいが続いたりする場合には、低血圧が起こっているかもしれません。低血圧の人の典型的な症状は、朝起きられない、立ち上がれない、ふらつく、寝たのに...

≫続きを読む