低血圧で症候性低血圧(二次性低血圧)

スポンサードリンク

症候性低血圧(二次性低血圧)について

低血圧の中でも病気によって血圧の低下するものを二次性低血圧といいます。
原因には以下のようなものがあり、実に多くのケースがあるのがわかります。

 

・出血、脱水、塩分不足、貧血

 

心臓疾患
心筋梗塞、心筋症、狭心症、心筋炎、大動脈弁狭窄症、心タンボナーア、徐脈
性、頻脈性不整脈

 

内分泌疾患
副腎不全、甲状腺機能低下、下垂体機能低下、高プラジキニン血症、バーター
症候群、低血糖

 

神経疾患
多発性硬化症、脊髄空洞症、脳腫瘍、脊髄断裂、糖尿病性神経症、純粋自律神
経症

 

代謝性疾患
低ナトリウム血症、低蛋白血症

 

感染
敗血症、エンドトキンショック、アルコール

 

薬による副作用
降圧薬、利尿薬、交感神経遮断薬、抗不整脈薬、抗てんかん薬、抗うつ薬

 

急激に血圧が下がる急性と、常に血圧が下がった状態にある慢性とがあります。
特に、怪我などによって大量の出血があったり、ひどい下痢、全身の3分の1に
及ぶ火傷、脱水症状などで血液の循環量が物理的に減ってしまった場合は急激
に血圧が下がります。

 

または、長時間立ったままでいた場合や精神的なショックで急激に血圧が低下
する場合もあります。

 

慢性の場合、多いのはなんらかの持病治療を行なっていて、体力が消耗してい
たり薬を服用していると起こりやすくなります。その場合は主治医との相談も
必要です。

 

特に人工透析を必要としている人は、血液透析中に急な血圧の低下が起こると
死亡要因になることもあり、非常に危険です。透析を受ける際に医師から説明
を受けると思いますが、体重や栄養、水分摂取など自己管理をしっかりとして
医師と共に予防対策を行う意識が必要です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

症候性低血圧(二次性低血圧)とはどんな症状関連ページ

起立性低血圧
低血圧の起立性低血圧についての解説になります。起立性低血圧とは急に立ち上がった時に血圧が下り、めまいやふらつきがでたり、疲労感、動悸など伴う時があります。
本態性低血圧
本態性低血圧についての解説になります。本態性低血圧は、低血圧と言われる症状を持つ人の80%が当てはまると言われています。原因や症状などの説明をしています。
うつ病
低血圧とうつ病は症状がとても似ていると指摘されています。低血圧の症状でうつ病の診断に用いられる項目にあてはまる場合もあります。
低血圧を克服
低血圧の克服方法はどんなものでしょうか。やはり少しでも朝早く起きて徐々に血圧を整えていくことが大切になります。
40代で数値の傾向
40代で低血圧の数値傾向などについて解説しています。低血圧に悩んでいる方の年代的な傾向など説明しています。
低血圧の収縮期と拡張期
低血圧で収縮期と拡張期の違いや基準と数値について判りやすく解説しています。基準値を下回ったときなどの症状なども気になるところでもあります。
低血圧の人は献血は可能なのか
低血圧の方が献血をしてもよいのか迷われる方もいるかもしれませんね。献血を断られる方は収縮期血圧が90mmHg未満の人があてはまり、無理に献血をして体調を悪くしては何もなりません。
糖尿病
低血圧と糖尿病には因果関係がないわけではありませんが、生まれつき低血圧だから糖尿病になるというような関係ではありません。 自律神経のコントロール障害が起こっている可能性があります。
子供の低血圧
低血圧の子供の中には、起立性調節障害も見られます。 一時的な体内のアンバランスですが、時間的余裕を持ってゆっくり行動できるように、生活をスケジューリングする管理が必要です。
脈拍
低血圧は脈拍を早める傾向があります。 1分間に100回を超えるような脈拍は「頻脈(ひんみゃく)性不整脈」という症状になり、それ自体は病気ではないとしても、心臓に負担がかかります。
貧血が併発
低血圧と貧血を併発した場合は、基本的には医療機関で専門治療を受けて下さい。 突然ふらふらした場合には、無理に動こうとせずに対症療法で落ち着くまで静かにしていましょう。
カフェイン
カフェインは交感神経を刺激して血液のめぐりを良くするため、1日1回飲む程度なら低血圧の緩和に貢献します。 ただ、カフェインは少量で効果がありますし、摂り過ぎはカフェイン中毒のリスクがあります。
自律神経失調症
自律神経は血圧のコントロールにも深く関係しているため、自律神経失調症になると、特に起立性低血圧が起こる場合があります。 立ち上がった時のふらつきやめまいは自律神経の不調かもしれません。