低血圧の症状と原因

低血圧の病名の種類と対策

低血圧の病気の種類やうつ病、飲酒などの関係について解説しています。

低血圧の病名、関連事項記事一覧

起立性低血圧

起立性低血圧という病気をご存知でしょうか。起立性低血圧症は、とくに寝ている状態から身体を起こしたり急に立ち上がったりした時に血圧が下がって、めまいやふらつきが起きたり、疲労感や動悸を伴う病気です。その他目がかすんだり、眼の前が真っ暗になった感覚が起こって時には失神などを起こす場合もあります。立ち上が...

≫続きを読む

 

症候性低血圧(二次性低血圧)とはどんな症状

低血圧の中でも病気によって血圧の低下するものを二次性低血圧といいます。原因には以下のようなものがあり、実に多くのケースがあるのがわかります。・出血、脱水、塩分不足、貧血・心臓疾患心筋梗塞、心筋症、狭心症、心筋炎、大動脈弁狭窄症、心タンボナーア、徐脈性、頻脈性不整脈・内分泌疾患副腎不全、甲状腺機能低下...

≫続きを読む

 

本態性低血圧について

本態性低血圧は、低血圧と言われる症状を持つ人の80%が当てはまると言われています。決定的な原因や決め手がなく、今もって不明の病気とされていますが、同一家系に多いということから、遺伝性と言われることもしばしばあります。特徴的なのは、若い女性に多いということです。女性ホルモンによる血管の拡張作用が影響し...

≫続きを読む

 

低血圧とうつ病のそれぞれの症状で似ている処

低血圧の症状と、うつ病の症状がとてもよく似ているという指摘がなされています。厚生労働省の調査では、中学生の4人に1人はうつ病、もしくは抑うつ状態と言われていますので、起立性調節障害の中学生で低血圧症などと診断されている場合などはご両親も心配でしょう。ただ、身体症状や精神症状のチェックだけでうつ病かど...

≫続きを読む

 

低血圧を克服するために必要なこと

低血圧を克服する方法としては、朝起きにくいからと言って寝坊するのではなく、反対に早起きして朝の時間を作る方法があります。その間に身支度をする時間をしっかり設けて、少しずつでも朝食を摂る習慣をつけて行きます。コーヒーなどのカフェインのチカラを借りるのも良いですが、朝の行動を早くから行うことで、身体の「...

≫続きを読む

 

低血圧で40代の数値を知り改善に努めていきましょう

低血圧には数値に国際基準のようなものはありません。民族的に性別と年齢から血圧の一般的な平均値と比べてみて、明らかに異常な低さが続いているような場合には、低血圧と診断されるようです。日本人の場合、多くは収縮期血圧が100mmHgから110mmHgのあたりであれば低血圧と判断されるでしょう。収縮期血圧と...

≫続きを読む

 

低血圧で収縮期と拡張期の違いとは

低血圧には世界的な基準になるような数値はありませんが、医療の現場で目安となっているのは以下のような内容です。収縮期血圧=最高血圧が100mmHgから110mmHg以下の場合。起立時(立っている時、上体を起こしている時)の収縮期血圧=最高血圧と、臥位時(寝ている時)の収縮期血圧=最高血圧の差異が20m...

≫続きを読む

 

低血圧では献血できないのか

せっかく献血に行ったのに、低血圧だから献血できないと言われたという人もいます。低血圧は程度によっては特に病気というわけではありませんが、献血することで全身倦怠が起きたり、立ちくらみやめまいが起きたりしたのではせっかくの善意も意味を成さなくなってしまいます。人のためを思う気持ちは尊いですが、まずは自分...

≫続きを読む

 

低血圧の人は糖尿病になりやすいのか

低血圧の人は糖尿病になりやすいのかという疑問を持っている人が少なくありません。確かにこの二つに因果関係がないわけではありませんが、もう少しきちんとした認識を持っておく必要があるでしょう。まず、低血圧にもいろいろな種類がありますが、一般的な健常者であってもずっと座ったままの状態でいきなり立ち上がった時...

≫続きを読む

 

子供が低血圧の場合の症状や対策とは

子供の低血圧は心配ですね。低血圧の症状が見られる子供のうち、10人に1人以下は起立性調節障害と言われる症状で、自律神経の失調が原因だと言われています。低血圧と起立性調節障害とは似ている症状でありながら、特に小児疾患が起立性調節障害と判断されます。学校の朝礼や体育の時間に立ちくらみで倒れてしまったり、...

≫続きを読む

 

低血圧の脈拍の特徴とは

低血圧になると、脈拍が早くなる傾向にあります。通常では成人の脈拍は1分間に60回から80回程度。これが1分間に100を超えるようになると、「頻脈(ひんみゃく)性不整脈」という症状になります。100回を超えたからと言って即座に病気というわけではありませんが、規則的な早い脈ではなくリズムの乱れた脈になる...

≫続きを読む

 

低血圧と貧血が併発した時の症状と対処方法

低血圧と貧血はまったく別の症状ですが、併発しやすい人が多いのも事実です。特に朝起きてすぐの状態や、寝ている状態から起き上がった時の状態ではなりやすく、ふらふらしたりくらくらしたり、状態を起こすことすら出来ないという重度の人もいます。貧血は重い病気で、血液中のヘモグロビン量が低下しているサインです。鉄...

≫続きを読む

 

低血圧で悩んでいる場合カフェインの血圧を上げる効果とは

カフェインは摂り過ぎは良くないと言われる物質ですが、低血圧の人がうまく摂取すると、辛い症状を緩和することが出来ます。薬事情報センターなどのサイトを見ると、特に食後低血圧の人は、食後にお茶やコーヒーなどのカフェインを摂ると良いとされています。これはカフェインが交感神経を刺激して血液のめぐりを良くするこ...

≫続きを読む

 

低血圧と自律神経失調症はどんな関連性があるのか

自律神経失調症という病気がありますが、その症状はかなり幅広く、正しく知られていないケースも少なくありません。代表的な症状としては、慢性的な疲労やめまい、片頭痛、不眠、動悸、耳鳴り、ほてり、手足のしびれ、頻尿、便秘や下痢などで、これといった原因もないのに不調が続くといった状態になります。他にも精神的な...

≫続きを読む