低血圧の知識

低血圧の役立つ知識について

低血圧の役立つ知識を解説しています。
症状の改善に少しでお役立てください。

低血圧の知識記事一覧

低血圧を分類してみる

低血圧には、大きく分けて3種類の分類があります。本能性低血圧、二次性低血圧、起立性低血圧です。本能性低血圧は、生まれつきとも遺伝とも言われていて、はっきりした原因は現代でも不明とされています。多少なりとも血圧に影響する要因はいろいろとあり、体質から精神的なストレス、気候、運動不足、寝不足、食事と、挙...

≫続きを読む

 

低血圧と貧血との関係

低血圧と貧血を混同してしまっている人がいますが、この二つはまったく別の病気です。低血圧は、血流の問題です。自律神経の内、交感神経の働きが低下することで心臓から送り出した血液がうまく心臓に押し上げられず、血圧を維持できない状態であったり、心臓自体のポンプ機能が弱かったり、足の筋肉が弱いために下半身から...

≫続きを読む

 

高血圧との症状の違いを知る

健康の話をする時に、血圧の話が出ることは多いですよね。まず高血圧が健康を非常に害するという認識が強いと思いますが、最近では低血圧も注意すべき疾患として認識されつつあります。それでは、低血圧と高血圧、それぞれどのような症状が現れるのでしょうか。まず低血圧ですが、昔は血管などの臓器が傷つきにくいのでむし...

≫続きを読む

 

低血圧と自律神経の関係

私たちの身体は、血圧を維持するシステムを持っています。それが自律神経というシステムです。自律神経には交感神経と副交感神経があり、脳の視床下部と延髄を支点に、交感神経を全身の血管に張り巡らしています。交感神経の主な仕事は血管を収縮させることです。これによって私たちは下半身から血液を上に押し上げ、立ち上...

≫続きを読む

 

低血圧で夏がつらい原因とは

低血圧の人は、「夏は全身がだるい」「夏が特につらい」といった症状を訴える人が多く、低血圧を専門に見る神経内科などには蒸し暑くなる季節には患者がたくさん受診に訪れると言います。なぜ夏が辛いかと言うと、人間の身体が体温調整のために血管を拡げて熱を放出するためです。もともと血管の収縮が十分でないために血流...

≫続きを読む

 

低血圧で失神を起こさせない様にするには

低血圧で失神を起こす人は、おそらく起立性低血圧の症状が強く出てしまっている人でしょう。起立性低血圧とは、自律神経のうち交感神経の働きが鈍くなり、血管をきちんと収縮させないことで血液が下にたまってしまうことで起こります。横になっている状態であれば大丈夫ですが、上体を起こすと心臓から送り出された血液が重...

≫続きを読む

 

低血圧の二次性低血圧の原因は病気や外傷

低血圧のほとんどは本態性低血圧と言ってはっきりとした原因のわからないものですが、二次性低血圧というのは病気や外傷が原因で引き起こされる低血圧です。症候性低血圧とも言われますが、原因となる病気にはさまざまあり、服薬による影響も関係しています。急激に低血圧の症状が現れるのを急性二次性低血圧または急性症候...

≫続きを読む

 

低血圧で失神する症状

人生で失神するような状況というのは、あまり想像がつきませんが、低血圧の人はこのように意識を失ってしまうことが少なくないと言うのですからとても危険な状態ですね。失神まで行かなくても、めまいや立ちくらみと言った状況というのは、さまざまな疾患から発生する場合がありますが、特にはっきりとした疾患の無い状態で...

≫続きを読む

 

低血圧の人は飲酒を控える

低血圧症と飲酒の関係ですが、この相性は非常によろしくないですね。飲んだところで気分を悪くして寝込むのが関の山でしょう。もともとお酒を飲んで倒れてしまうような人には低血圧症の人が多いといいます。なぜかという化学的な根拠があるわけではありませんが、低血圧の人が飲酒すると顔から血の気が引いて真っ青になり、...

≫続きを読む

 

低血圧を精密検査で原因を特定する

日本人口のうち、最大で7%程度の人が本態性低血圧症と診断されています。自覚症状の無い人を含めると、おそらく全体で人口の20%程度の人が該当するのではないかと言われていますので、かなり多人数と言えるでしょう。症状がない場合、仕事場の健康診断や人間ドックで指摘されて初めて知るようです。言われてみれば倦怠...

≫続きを読む

 

高齢者に見られる低血圧の症状とは

低血圧は年齢によっても現れやすさに違いがあります。確かに若い女性からの訴えは多いですが、それと気付かずに低血圧による不調を抱えている高齢者は少なくありません。高齢者は高血圧にもなりやすいため、そちらに関しては非常に注意が払われて来ましたが、そもそも血圧のコントロールが安定しにくくなっているということ...

≫続きを読む

 

低血圧で頻脈の症状がある場合のリスクとは?

低血圧の人には頻脈が多いという特徴があります。頻脈というのは、脈が非常に速くなる状態の不整脈です。運動をした後に一時的に脈が速くなるのは異常ではないので不整脈ではありませんが、突然、急に脈が速くなる場合には注意が必要です。頻脈は1分間で脈拍100回以上の場合で、動悸と共にめまいや立ちくらみが起こり、...

≫続きを読む