低血圧の食事

スポンサードリンク

食事について

低血圧の人の食事選びのポイントを整理してみましょう。

 

まずは、積極的に摂取するべき栄養素です。

 

たんぱく質はエネルギーを高めますので、血流を増やして体温を上げるために
も摂取しましょう。

 

肉や魚、大豆製品などを適量摂るように心がけます。

 

ビタミンEは、血管の壁についた過酸化物質を分解する働きがあります。

 

血管がきれいになると血行が良くなりますので、血液の循環を促進できます。

 

食品としてはアーモンドやうなぎ、かぼちゃなどが良いとされています。

 

ビタミンB1は疲労回復や血行促進に効果があります。

 

低血圧の人は疲れやすい人が多いので、体調を回復するためにもぜひ摂取
したい栄養素です。

 

食品としては豚肉、うなぎなどに多く含まれています。

 

ナイアシンという栄養素を聞いたことがあるでしょうか。

 

血行促進効果がある栄養素で、たらこやかつお、まぐろなどの魚類や鶏の
むね肉などに多く含まれていると言われています。

 

ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)は耳にしたことは
あるかもしれませんが、赤血球の流れを良くしたり、血管自体の弾力性を上げ
て血液をスムーズに流す働きがあります。

 

サラサラ血になるとよく言われていますよね。

 

魚に多く含まれていて、生活習慣病の予防にも効果があります。

 

低血圧の人は多少辛くても朝食をとるようにしましょう。

 

朝起き上がれない場合は、寝たまま布団の中で体を動かすと血流がよくなります。

 

血行と食事は密接な関係にあります。ぜひ気を付けましょう。

スポンサードリンク

低血圧で食事に気をつける関連ページ

対策で重要なこと
低血圧の症状ついてですが、血行を良くすることが大切です。そして普段の生活習慣も改善に大変役立ちます。
改善していく
低血圧の改善などについては夜更かしや寝坊など普段の生活のリズムを取り戻すことも大切にになります。
補助食品
低血圧の対策でサプリメントについて説明しています。サプリメントによって改善できるのは低血圧の病気の種類により異なります。
朝食の改善
低血圧改善の朝食とはどんな点に注意していけばよいのか詳しく解説しています。毎日の食事は体調維持にもとても大切になります。
低血圧に効くツボ
低血圧の効くツボについて解説しています。低血圧で有効なツボは足の裏などがあります。普段からツボを刺激して少しでも体調維持にお役立てください。
応急処置
低血圧の人は突然失神したり、倒れこむ場合もありますので、そんな時の応急処置方法について解説しています。
専門医
低血圧の専門医は脳血管障害に詳しい脳神経内科が専門科です。そのほかは内科医も担当する場合もあります。また、それぞれの症状に応じた専門医で診察してもらいましよう。
血行不良
低血圧と血行不良が関連性があるとすればどの様なことなのか解説しています。低血圧で血行不良が結果的に起こることは考えられます。
寒気を感じる
低血圧で寒気を感じる方は多いのでしょうか?低血圧の人は体温が低い傾向にありますので免疫力も低下しやすいので気をつける必要があります。
めまいの原因と対処
低血圧のめまいで一番多いのは立ちくらみ等で、血液が上半身まで押し戻されないことが原因です。 とにかく倒れてしまわないように気をつけて、慌てずに安静に横になって下さい。
薬物治療
近年では低血圧の治療にも日常生活の注意以外に薬物治療も行われるようになりつつあります。 使われる薬物は「昇圧剤」で、ちょうど高血圧症に使われる「降圧剤」の真逆の作用を持つ薬です。