低血圧で寒気がする

スポンサードリンク

低血圧の人は寒気を感じやすいのか

低血圧寒気が起こるということは有り得ます。
そもそも低血圧の人には体温が低い人が多く、末端が冷えていたりしびれてい
たりする人が多いですから、全体的に身体が活動の逆方向へ向いていることが
わかります。

 

体温が1℃下がると免疫力が3割もダウンするという研究結果もあります。
身体が非常に危険な方向へ向かっていることを知らなければいけませんね。

 

体内で発した熱を運んでいるのも血液です。
手指などをきつく縛ってしまうと、その先が冷たくなってしまいますよね。
それは血液の流れが滞ることで温かい体温が運ばれなくなってしまうからです。

 

体温の高い人は免疫力が高くなっている状態で、異常に高くなるのはウィルス
などに感染して退治している時の発熱ですよね。
低血圧や低体温を放置していると、いざという時の身体の守りが弱くなるのと
外敵の侵入から身を守る力が弱くなるのでまったく良いことではありません。

 

寒気がするという場合には、風邪の前兆かもしれませんし薄着やダイエットの
せいかもしれませんので、思い当たるフシはすべて対処すべきです。
すべて低血圧のせいにしてしまうのもかなり乱暴ですね。

 

梅雨時などは、湿気が高くて蒸し暑く感じるかもしれませんが、実際には身体
はかなり冷えやすい時期ですので、冬場よりも注意をしたほうが良いでしょう。
靴下もはかずにサンダルを履くなど、足元を冷たくしていると全身に寒気が起
きてしまいます。

 

また、寒気や低体温は筋肉の量が少ない人に起こりやすい現象でもあります。
ある程度の年齢になったら鍛えあげることは難しいですが、少しでもレベルを
高く保てるように現状維持を心がけましょう。

スポンサードリンク

低血圧で寒気を感じるのは危険のサイン?関連ページ

対策で重要なこと
低血圧の症状ついてですが、血行を良くすることが大切です。そして普段の生活習慣も改善に大変役立ちます。
改善していく
低血圧の改善などについては夜更かしや寝坊など普段の生活のリズムを取り戻すことも大切にになります。
食 事
低血圧の対策の食事とはどんなものか詳しく解説しています。特にたんぱく質を摂取する事も大事になります。
補助食品
低血圧の対策でサプリメントについて説明しています。サプリメントによって改善できるのは低血圧の病気の種類により異なります。
朝食の改善
低血圧改善の朝食とはどんな点に注意していけばよいのか詳しく解説しています。毎日の食事は体調維持にもとても大切になります。
低血圧に効くツボ
低血圧の効くツボについて解説しています。低血圧で有効なツボは足の裏などがあります。普段からツボを刺激して少しでも体調維持にお役立てください。
応急処置
低血圧の人は突然失神したり、倒れこむ場合もありますので、そんな時の応急処置方法について解説しています。
専門医
低血圧の専門医は脳血管障害に詳しい脳神経内科が専門科です。そのほかは内科医も担当する場合もあります。また、それぞれの症状に応じた専門医で診察してもらいましよう。
血行不良
低血圧と血行不良が関連性があるとすればどの様なことなのか解説しています。低血圧で血行不良が結果的に起こることは考えられます。
めまいの原因と対処
低血圧のめまいで一番多いのは立ちくらみ等で、血液が上半身まで押し戻されないことが原因です。 とにかく倒れてしまわないように気をつけて、慌てずに安静に横になって下さい。
薬物治療
近年では低血圧の治療にも日常生活の注意以外に薬物治療も行われるようになりつつあります。 使われる薬物は「昇圧剤」で、ちょうど高血圧症に使われる「降圧剤」の真逆の作用を持つ薬です。
あくびの症状
生あくびは一般的に起こるあくびとはまったく異なる原因で引き起こされる症状です。 生あくびが出る時は眠気はなく、頭痛や吐き気を伴う場合もあり、低血圧や低血糖の症状として現れる場合も多いです。