低血圧の数値

スポンサードリンク

数値はどのようなものでしょうか

低血圧とは、血圧がどれくらいの状態をいうのでしょうか。

 

高血圧は命に関わる様々な病気を引き起こすため、世界基準値が厳しく限定さ
れています。

 

一方低血圧は、世界保健機関(WHO)でも具体的な基準が設けられていないの
が現状で、だいたい最高血圧が100〜110mmHg以下、最低血圧が50〜60mmHg以下
の場合と判断されているようです。

 

日本の厚生労働省では、最高血圧が90mmHg以下を低血圧として定義しているよ
うですが、他には男性と女性は分けるべきで、男性105mmHg以下、女性100mmHg
以下を低血圧とすべきという説もあり、判断は難しい部分があります。

 

低血圧には、他の何らかの病気によって起きている症候性低血圧というものと
遺伝や生活習慣など原因が特定しにくい本態性低血圧というものがあります。

 

また、寝ている状態から起き上がった時に症状が見られる起立性低血圧や、
食事を摂取した後に急に起こる食事性低血圧というものもあります。

 

この中で、原因の特定が難しいとされる本態性低血圧症の患者数は
日本では1.5〜7%と言われています。

 

その中で本人が症状を訴えているのは約10%〜20%と言われており、自覚症状
がない、または自覚症状があっても放置している人の多さを物語っています。

 

そもそも低血圧は病気ではないとする考え方が近年まで支持されてきました。

 

血管や臓器を傷つける高血圧とは違って、低血圧の人は長寿であるとする研究
結果もあります。

 

ただ、近年、血圧の測定が24時間可能になり、低血圧患者の血圧を24時間
計測し続けた結果、1日のうちの変動があまりにも著しく、そのために明け方近く
に心臓や脳の血栓によって命を落とす低血圧患者がいることも指摘され、一概
に安静時に測定した血圧のみで診断を下すのは危険とする研究結果も発表され
ています。

 

私たちが普段、24時間血圧を計測し続けることは困難ですが、血圧は状況に
よって意外に大きな変動を起こしているのは確かです。

 

一律の数値だけで判断するのではなく、常に自宅で血圧を測定し、変動を全体的に
把握して対策することが正しい判断となることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

低血圧の数値の基準関連ページ

低血圧になりやすい人
低血圧になりやすい人についてです。低血圧になりやすい人は比較的若い層の女性が多いとあります。理由について解説しています。
影 響
低血圧の症状や改善などについての情報ナビです。低血圧の影響は立ちくらみやめまい、ふらつき、浮遊感、頭痛などいろいろな症状に現れてきます。
眠 気
低血圧の症状で眠気についての解説になります。特に食後などは低血圧の人はその症状が強く出ることがあり強い眠気に襲われる場合もあります。
朝起き難い
低血圧で朝がなかなか起きれないことに伴う影響などについて解説しています。
疲れやすい
低血圧で疲れやすさの原因や改善などについて解説しています。低血圧の人に共通なのは概ね疲れやすい傾向にあります。
立ちくらみ
低血圧の立ちくらみは起立性低血圧と言われるものがあります。急に立ち上がる時に急激に血圧が下がる現象です。
低血圧の肩こり
低血圧の肩こりの症状を訴える方が増えています。少しでも症状を改善していきましょう。
自立性低血圧
自立性低血圧は交感神経の機能が低下して血管を十分に収縮させない状態で起こりやすくなります。
危険数値
低血圧の危険数値が及ぼす症状とはどんなものなのか詳しく解説しています。低血圧とは男性の最高血圧が105mmHg以下、女性の最高血圧100mmHg以下は低血圧として定められています。
危険性の高さ
血圧が低い場合、低血圧の他にもなんらかの病気が関係している危険性もあります。 甲状腺機能低下症や心臓疾患などがある場合にも低血圧が引き起こされる場合がありますので、精密検査を受ける必要があります。