低血圧で眠気が生じる

スポンサードリンク

眠気とは

食事の後に耐え難い眠気に襲われたことがある人はいるでしょうか。

 

それはもしかしたら低血圧の症状かもしれません。
私たちは食事をした時に、食べたものを消化するために体中の血液を胃などの
消化器官に集めます。

 

そのときに脳に行く血液が少なくなり、眠気が出てくる場合があります。
通常の状態でも、多少の眠気を感じる人はいますよね。
低血圧の人はその症状が強く出るために、耐えられないほどの強い眠気を感じ
る場合があるのです。

 

チラミンという物質が多く含まれている食品を摂ると、血管が収縮して血圧が
上昇し、眠気を起こしにくくなります。
但し、このチラミンという物質は高血圧の人には大敵ですので、摂取を控える
べき食品とされていますので注意が必要です。

 

チーズ、バター、ヨーグルト、サラミ、ソーセージ、ハム、レバー、レーズン
などの加工食品や、味噌、醤油、納豆などの発酵食品、ワイン、ビール、コー
ヒーなどの嗜好品に多く含まれていて、血圧が急激に上昇するため、多量摂取
には警告がなされている食品です。

 

低血圧症状の対策としては効果がありますが、あまり摂取しすぎると他の障害
が出る場合がありますので、いずれにしてもうまく使うようにしたいですね。

 

また、低血圧の人が強く眠気を感じるのは朝起きた後でしょう。
熱めのシャワーを浴びたり濃いコーヒーを飲んだりして対策している人も多い
のではないでしょうか。

 

春夏は疲れやすく倦怠感があり、冬は冷え性で循環が悪いのでは、一年中楽し
い時がなくなってしまいますよね。

 

低血圧は根本的に生活を変えて身体の基礎を作りあげないことには解消しない
不調です。

 

最初は辛いかもしれませんが、乗り越えられない病気ではないはずです。

 

快適な人生を過ごすためにも眠気と闘ってリズムを掴みましょう。

スポンサードリンク

低血圧で眠気が生じる要因関連ページ

低血圧になりやすい人
低血圧になりやすい人についてです。低血圧になりやすい人は比較的若い層の女性が多いとあります。理由について解説しています。
影 響
低血圧の症状や改善などについての情報ナビです。低血圧の影響は立ちくらみやめまい、ふらつき、浮遊感、頭痛などいろいろな症状に現れてきます。
数 値
低血圧の一般的な数値はどれ位なのか判らない人も多いと思います。厚生労働省では、最高血圧が90mmHg以下を低血圧として定義しています。
朝起き難い
低血圧で朝がなかなか起きれないことに伴う影響などについて解説しています。
疲れやすい
低血圧で疲れやすさの原因や改善などについて解説しています。低血圧の人に共通なのは概ね疲れやすい傾向にあります。
立ちくらみ
低血圧の立ちくらみは起立性低血圧と言われるものがあります。急に立ち上がる時に急激に血圧が下がる現象です。
低血圧の肩こり
低血圧の肩こりの症状を訴える方が増えています。少しでも症状を改善していきましょう。
自立性低血圧
自立性低血圧は交感神経の機能が低下して血管を十分に収縮させない状態で起こりやすくなります。
危険数値
低血圧の危険数値が及ぼす症状とはどんなものなのか詳しく解説しています。低血圧とは男性の最高血圧が105mmHg以下、女性の最高血圧100mmHg以下は低血圧として定められています。
危険性の高さ
血圧が低い場合、低血圧の他にもなんらかの病気が関係している危険性もあります。 甲状腺機能低下症や心臓疾患などがある場合にも低血圧が引き起こされる場合がありますので、精密検査を受ける必要があります。