低血圧になりやすい人

スポンサードリンク

低血圧になりやすい人について

低血圧になりやすいのはどういう人でしょうか。

 

低血圧の発生頻度を調べたデータによると、低血圧の発生が多いのは比較的
若い層、しかも女性が多いです。

 

 

起立性低血圧は高齢者に多い症状で、横になった状態から
上体を起こした時にめまいやふらつきを起こす症状なのですが、
若い女性は女性ホルモンによる血管の拡張作用が起因して
低血圧が引き起こされていると言われています。

 

 

 

また、ダイエットや運動不足、偏食やファーストフード、睡眠
不足やストレスなども大きく影響していると言われ、湯船に
浸からないシャワー族が増えていることも関係していると
言われます。

 

 

低血圧は、傍目から見ると大きな病気には見えず、ただの
怠け者に見えてしまうこともあります。

 

それがまたストレスになって自律神経を乱してしまい、不眠症
やうつなどの原因になってしまうことも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

周囲の目をあまり気にしないでストレスをうまく発散出来ると
いのですが、特に若い女性には難しいかもしれませんね。

 

また、長時間のデスクワークで足にむくみが起きやすい人は、
低血圧、低体温の人が多いです。

 

 

余分な水分が細胞間にたまっている場合もありますし、
足の筋肉量が少なく、血液を心臓へきちんと送り返せない
ことが原因の場合もあります。

 

 

そういう人は引き締め効果のあるストッキングや靴下などを
うまく活用するのも良い手ですね。

 

食べる量が少ないと血液量を増やせないため、低血圧や
低体温を引き起こすことがよくあります。栄養をきちんと摂って
寝不足や疲労などを解消するようにしましょう。

 

 

低血圧には十分な栄養のある食事を摂り、規則正しい
日常生活を過すことが重要ですね。

スポンサードリンク

低血圧になりやすい人関連ページ

影 響
低血圧の症状や改善などについての情報ナビです。低血圧の影響は立ちくらみやめまい、ふらつき、浮遊感、頭痛などいろいろな症状に現れてきます。
眠 気
低血圧の症状で眠気についての解説になります。特に食後などは低血圧の人はその症状が強く出ることがあり強い眠気に襲われる場合もあります。
数 値
低血圧の一般的な数値はどれ位なのか判らない人も多いと思います。厚生労働省では、最高血圧が90mmHg以下を低血圧として定義しています。
朝起き難い
低血圧で朝がなかなか起きれないことに伴う影響などについて解説しています。
疲れやすい
低血圧で疲れやすさの原因や改善などについて解説しています。低血圧の人に共通なのは概ね疲れやすい傾向にあります。
立ちくらみ
低血圧の立ちくらみは起立性低血圧と言われるものがあります。急に立ち上がる時に急激に血圧が下がる現象です。
低血圧の肩こり
低血圧の肩こりの症状を訴える方が増えています。少しでも症状を改善していきましょう。
自立性低血圧
自立性低血圧は交感神経の機能が低下して血管を十分に収縮させない状態で起こりやすくなります。
危険数値
低血圧の危険数値が及ぼす症状とはどんなものなのか詳しく解説しています。低血圧とは男性の最高血圧が105mmHg以下、女性の最高血圧100mmHg以下は低血圧として定められています。
危険性の高さ
血圧が低い場合、低血圧の他にもなんらかの病気が関係している危険性もあります。 甲状腺機能低下症や心臓疾患などがある場合にも低血圧が引き起こされる場合がありますので、精密検査を受ける必要があります。