低血圧で朝起きれない

スポンサードリンク

低血圧と朝起きれない人の効果的な対策

低血圧で朝起きるのが辛いという人がいますが、
実は低血圧そのもので起きられないというよりは、
低血圧による低体温で起きにくくなっていると言う
ほうが正しいかもしれません。

 

 

低血圧で起きにくいというのは、身体を物理的に
起こす時のめまいやふらつきを指していることが多い
と思います。

 

 

これは起立性低血圧というもので、血液が心臓に
きちんと押し上げられないために起こる低血圧
障害です。

 

 

起立性低血圧の人は横になっている状態から身体
を起こすと、交感神経がうまく働かず、血液が心臓に
戻りにくくなるため動悸や疲労感を伴う症状が現れ、
ひどい時には失神を伴います。

 

 

 

 

それとは別に、朝目が覚めても身体全体に活力が
湧かず、動き出すことがとても辛いというのが低体温
の症状
です。

 

 

私たちの体温は血液のめぐりによって決まります。

 

 

低体温の人は血行が悪いので代謝が上がらず、
体内にエネルギーが生まれにくくなっています。

 

 

低血圧の人は同じく血行が悪くなりますので、
低体温を同時に伴っていることが多く、それが
原因で朝起きられない症状を起こしている
可能性が高いです。

 

 

対策としては、まず普段からきちんと栄養を
摂って、適度な運動をすること。

 

 

新陳代謝を上げるために普段からお風呂に
浸かって血行をよくすること。

 

 

不規則な生活を改めて、生活習慣を改善
することなどです。

 

 

低体温の人は代謝が下がっているために体内に
老廃物も溜まりがちです。

 

 

肌にも影響が出ますので美容にもよくないですね。

 

 

根本的に血行や体温を改善すれば、朝スッキリと
目覚めるのと同時に身体のキレイも手に入りますよ。

スポンサードリンク

低血圧で朝起きれない人とは関連ページ

低血圧になりやすい人
低血圧になりやすい人についてです。低血圧になりやすい人は比較的若い層の女性が多いとあります。理由について解説しています。
影 響
低血圧の症状や改善などについての情報ナビです。低血圧の影響は立ちくらみやめまい、ふらつき、浮遊感、頭痛などいろいろな症状に現れてきます。
眠 気
低血圧の症状で眠気についての解説になります。特に食後などは低血圧の人はその症状が強く出ることがあり強い眠気に襲われる場合もあります。
数 値
低血圧の一般的な数値はどれ位なのか判らない人も多いと思います。厚生労働省では、最高血圧が90mmHg以下を低血圧として定義しています。
疲れやすい
低血圧で疲れやすさの原因や改善などについて解説しています。低血圧の人に共通なのは概ね疲れやすい傾向にあります。
立ちくらみ
低血圧の立ちくらみは起立性低血圧と言われるものがあります。急に立ち上がる時に急激に血圧が下がる現象です。
低血圧の肩こり
低血圧の肩こりの症状を訴える方が増えています。少しでも症状を改善していきましょう。
自立性低血圧
自立性低血圧は交感神経の機能が低下して血管を十分に収縮させない状態で起こりやすくなります。
危険数値
低血圧の危険数値が及ぼす症状とはどんなものなのか詳しく解説しています。低血圧とは男性の最高血圧が105mmHg以下、女性の最高血圧100mmHg以下は低血圧として定められています。
危険性の高さ
血圧が低い場合、低血圧の他にもなんらかの病気が関係している危険性もあります。 甲状腺機能低下症や心臓疾患などがある場合にも低血圧が引き起こされる場合がありますので、精密検査を受ける必要があります。